Taking pictures while travelling places

傷を残さないでできる?切開をせずにバストアップを実現させる方法


切開をしないヒアルロン酸による豊胸

バストのサイズは十人十色個人差があって、女性の中にはサイズが小さいことを気に病んで豊胸手術によるサイズアップを考える人も少なくありません。日本で受けられる数多くの豊胸手術の中でも、若い世代を中心に利用者が増えているのがヒアルロン酸です。これは先端が極細になっている専用の注射針でバストにヒアルロン酸を注入する手術になります。一般的なメスを使う手術のように切開による傷跡が残らないのが特徴です。サイズは大きくしたいけど、夏の時期に水着や薄着になった時に周囲に気付かれるような傷は残したくないという人に最適です。手術によって授乳に影響が出ることもなく、子育てをしている女性でも安心して利用できます。

手術をする上で知っておくべき注意点

切開による傷を残さずに自然にサイズアップが図れるなど、ヒアルロン酸による豊胸手術には数多くのメリットがありますが、気を付けなくてはいけない点もあります。その一つが必要となる費用の負担で、この施術は注入するヒアルロン酸の量によって金額が変わるのが特徴です。クリニックによって値段は違いますが、10cc辺りの平均相場は10万円弱と言われています。標準よりもサイズの小さい人が大幅にボリュームアップを図ろうとすれば当然注入する量も増えるので、その分費用が高くなってしまうので注意が必要です。ヒアルロン酸は時間の経過と共に徐々に体に吸収されていく特性を持っています。そのため、継続的なバストアップを望む人は1年から2年を目安に定期的に注入をしていかなくてはいけません。

豊胸手術は、見た目の美しさにこだわる施術です。バッグ挿入法や脂肪注入などの様々な方法で乳房を大きくすることを目的としています。