Taking pictures while travelling places

医療脱毛とサロンの脱毛って、何が違うの?


サロンの脱毛ってどんな脱毛?

サロンで行う脱毛はいくつかの種類がありますが、光エネルギーを使用したフラッシュ脱毛が主流です。光を毛根や毛根付近のバルジ領域に当てて、毛根に働きかけて毛が生えにくい環境を作ります。サロンで扱う脱毛器の光エネルギーはあまり強くないので、肌にやさしく、痛みが少ないのが特徴です。中には全く痛みを感じないという人もいるほどなので、脱毛の痛みが不安な人には向いている脱毛方法だと言えるでしょう。
また価格も比較的安く始められるという点も特徴的です。学生のお小遣い程度の月々の支払いで始められるのが魅力なのですが、脱毛の効果がゆっくりなので、ツルツルの状態になるまでにはかなりの回数と月日が必要になる、ということは覚えておいたほうがいいでしょう。

医療脱毛ってどんな脱毛?

医療脱毛とはその名の通り、クリニックや美容外科などの医療機関で行う脱毛のことです。レーザー脱毛器を使って行うのが特徴で、強いレーザーのエネルギーで毛根を焼き切って、もう二度と毛が生えてこないようにします。医療脱毛で扱うレーザーはエネルギーが強いので、医療の国家資格を持った者しか扱うことができません。そのため、いわゆる永久脱毛ができるのは医療脱毛だけなのです。
医療脱毛は脱毛効果が高いのがメリットですが、効果が高い分痛みも伴うので、痛みが苦手な人は不安に感じるかもしれません。しかし医療機関は麻酔を使用できます。痛みが不安な人や我慢できない人は、麻酔を使用しながら脱毛施術を行うといいかもしれませんね。
価格が高額になると思われがちですが、ツルツルになるまでの期間がサロンに比べて短いので、1回あたりの料金は高くても、トータルで見るとお得になるケースもあります。

全身脱毛にはレーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛など様々な種類があります。レーザー脱毛は医療機関でのみ行なえます。